むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 寝起きに顔が
    パンパンに
    むくんでいる

  • 足がむくんで
    パンツスタイルの服が着られ
    ない

  • 温まっても
    すぐに冷えて
    しまう

  • 身体が冷えて
    血色が悪い

長年のむくみや冷えに悩んでいませんか

夕方の足のむくみや、指先の冷えにお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
むくみや冷えの原因はさまざまですが、その一つに血行不良が挙げられます。

 

また、「冷えは万病の元」と言われているように、
身体が冷えることによって免疫が下がり、全身の不調に繋がります。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

むくみや冷えの原因を知りましょう

むくみや冷えが引き起こす症状は、煩わしくつらいものです。

むくみがあると美容面での悩みに繋がるだけでなく、冷えはダイエットの大敵と言われています。
何よりも健康面で不調を招くことがあります。

そのため、むくみや冷えの原因を知り、対策をすることが必要です。

 

【むくみの原因】

 

むくみの原因はさまざまです。

成人の身体の6割は水分で満たされており、その3割ほどが細胞や血液、細胞と細胞の間に存在する水分です。

むくみとは、この水分のバランスが崩れてしまい、細胞に水が溜まってしまった状態のことを言います。

次のようなことが原因でむくみが現れることが多いです。

 

◆心疾患
◆内科的疾患
◆運動不足
◆筋力不足
◆水分の摂りすぎ
◆身体のゆがみ
◆リンパの流れが悪い

 

そして、特に水分のバランスが原因になることがあります。
水分は摂りすぎても、摂らなくてもむくみの原因になります。

1日に摂取する水分量は、2リットルが理想です。
普通に生活をしているだけで、2リットルほどの水分が汗や尿として排出されます。
水分を摂らないと身体が水分不足を解消しようと余分に水を溜め込んでしまい、むくみやすくなります。

しかし、水分の摂りすぎも良くありません。
水分を摂りすぎると、むくみの原因になり、身体の水分量が多くなれば冷えを招く原因になります。

 


【冷え性は日常生活の癖が原因になることもある】

 

冷えの原因もさまざまです。

●運動不足
●血行不良
●自律神経の乱れ
●ホルモンバランスの乱れ
●生活習慣や日常生活での癖
●食事内容
●外気温の変化(エアコンの空調)
●薄着
●ストレス

などが挙げられます。

手先や指先の冷えと自律神経には大きな関わりがあります。

ストレスなど心に大きな負荷が掛かってしまうと自律神経が乱れ、末端の血管を収縮させてしまいます。
その結果、手先や足先の血行が悪くなり、末端の冷えへと繋がります。

また、姿勢の悪さ運動不足冷たいものを好む普段薄着でいるなどの日常習慣が血行不良を招き、冷えを起こします。

むくみや冷えには日常生活の見直しが大切です

むくみや冷えの原因が分かったところで、次は、具体的な対処法をご紹介します。

ご自宅でできる方法ですので、気軽に実践してみてください。

むくみや冷えは、生活習慣や日常生活の癖が原因になっている場合もあるので、毎日の生活習慣を見直してみることが重要です。

 

【むくみの対処法】

 

●むくみやすい部位のマッサージをする
●ストレッチやエクササイズなどの軽い運動をする
●お風呂で身体を温める

 

マッサージや運動によって体内の水分と血液を循環させることでむくみの解消が促進されます。

また、むくみには水分と塩分の排出を促す作用のある「カリウム」を多く含む食品をとることが効果的です。

カリウムが豊富な食べ物には、

●きゅうり
●ほうれんそう
●納豆
●長芋

などが挙げられます。調理する時は塩分を控えめにするとより効果的です。

 

【冷えの対処法】

 

●湯船に浸かって温まる
●温かい食べ物、飲み物をとる
●軽めの有酸素運動をして身体を動かす
●筋肉量をあげて基礎代謝を高める

 

冷えを対策するには、身体の外側から一時的に温めるのではなく、身体の内側からじっくり温める方が効果的です。

運動をするなどして代謝を上げるも良し、身体を温める効果のある食べ物や血液を作る鉄分などを積極的に摂取すると良いでしょう。

具体的には、

●生姜
●大根、ニンジン、タマネギ(根菜類)
●唐辛子
●白菜
●レバー
●鮭

などが挙げられます。

スープとして温かくして食べたり、調理の薬味として使用する食べ方がおすすめです。

パルモ大井町整骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

むくみの原因は、天候や食生活(アルコール、塩分の取り過ぎ)、 女性ホルモンの影響や運動不足とさまざまです。

また、むくみの中には心臓や腎臓、肝臓の病気が隠れている場合もあります。

冷えの原因は、身体の血流不足です。

これらのむくみや冷えに対して「ドレナージュ(DPL)」や「骨格矯正」などで血流やリンパの流れを促進し根本から改善を目指していきます。

 

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状や肩こりや腰痛などの慢性症状まで幅広い症状に効果が期待できます。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復を促進します。
またハイボルト療法は、痛みの原因を調べる「検査」としても使用することがあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や針の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

患部にテーピングテープを貼り、皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れを促進します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるので症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。
当院では、特に身体の土台となっている骨盤へのアプローチを行う「コレクト矯正」をおすすめしています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭蓋骨や目の周辺の筋肉を緩め、ツボに刺激を与えることにより血流を促進し不調の緩和を目指す施術です。
自律神経のバランスの乱れからくる不眠や食欲不振、頭痛、眼精疲労に悩みの方におすすめしています。

 

【DPL】

クリームを使用し、ふくらはぎやひざ裏の筋肉や筋膜を緩めてたり足首のズレを整える施術です。
リンパや血液の流れを促進し老廃物が流れやすい状態にすることで、「頭痛」「むくみ」「冷え」の改善、「こむらがえり」の予防などに効果が期待できます。
長時間デスクワークをされている方や外回りの営業マンなどにおすすめしています。

 

■季節調整

腸もみを行い、腸の動きを活発にすることで腸内環境を整え便秘や自律神経の乱れによる不調の緩和に効果が期待できます。
また、花粉症でお悩みの方には、耳ツボ刺激を行います。
更年期障害でお悩みの方にもおすすめしている施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:本橋 直登
【生年月日】1986年8月15日生まれ
【血液型】A型
【星座】獅子座
【出身】東京都
【資格】 柔道整復師・FastingMeister
【運動】水泳・卓球・野球
【趣味】読書・映画観賞・海外ドラマ・筋トレ・珈琲
【業界歴】12年
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ大井町整骨院
住所〒140-0014 東京都品川区大井4-2-3
最寄:JR大井町駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中