脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 転倒して
    手をついた際に
    肩が外れて
    しまった

  • 関節が
    外れやすく
    スポーツにも
    支障が出てくる

  • 脱臼をした時
    の処置法を
    詳しく知りたい

  • 脱臼の再発を
    予防したい

脱臼は素早い処置と日常生活での予防が大切です

脱臼はスポーツをされる若い方に発生しやすいといわれています。
また、一度脱臼してしまうと繰り返しやすくなりますので、予防にも力を入れる必要があります。

 

こちらのページでは脱臼の症状と処置法について詳しくまとめてあります。
日常生活での対策もご紹介していますので、再発を繰り返している方はぜひ最後までご確認ください。

脱臼早期回復メニュー Recommend Menu

脱臼の種類や特徴的な症状について

脱臼は、関節部の骨が本来の位置からずれてしまったケガです。
程度によって、関節面が完全にずれている「完全脱臼」と、一部がずれている「不全脱臼(亜脱臼)」に分けられます。

脱臼の処置方法をご紹介していく前に、まずは「脱臼の種類、症状」について詳しく確認していきましょう。

 

【脱臼の種類】

 

●外傷性脱臼

関節に大きな外力が加わることで発生した脱臼になります。
主に肩関節に起こりやすく、転倒して腕を後ろに伸ばした状態で手をついたり、スポーツで強い負担が加わったりした際に関節が外れやすくなっています。

 

●病的脱臼

関節の異常により、非常に弱い外力、もしくは外力なしで脱臼してしまったものになります。

 

・麻痺性脱臼

片麻痺脳性麻痺、病気による神経麻痺などで関節を支える筋肉が十分に機能しないことから、脱臼したものになります。

 

・拡張性脱臼

炎症によって関節が拡張することで、脱臼してしまったものになります。
急性化膿性股関節炎股関節結核などが挙げられます。

 

・破壊性脱臼

関節の構造が破壊されることで、脱臼してしまったものになります。
関節リウマチ骨壊死などが挙げられます。

 

【脱臼の症状】

 

●一般外傷症状

 

疼痛

腫脹(内出血によって腫れてきます。関節内に出血が溜まることで、「関節血腫」を形成することもあります。)

機能障害関節の機能に障害が出てきます。)

 

●脱臼の固有症状

 

弾発性固定

脱臼した位置で骨が固定されてしまう状態になります。
患部を押しても反発して動かないか、動いてもまた脱臼した位置に骨が戻ってしまうという特徴があります。

 

変形

見た目に変形がみられます。
関節が外れることで、骨頭関節窩(本来は関節がはまっているくぼみ)を触れることがあります。

特に肩関節は一度脱臼してしまうと、その後も脱臼を繰り返してしまう「反復性脱臼」に移行しやすいといわれています。

脱臼後の処置方法と再発の予防法について

脱臼が疑われる場合、なるべく損傷の悪化を防ぎ、腫脹を抑えていくことが重要になってきます。
こちらでは、急性の外傷に効果的な「RICE処置」「日常生活で行える脱臼の対策」についてご紹介していきます。

 

【RICE処置】

受傷後はなるべく素早く「RICE処置」を行いましょう。

 

・Rest(安静)

関節周りの損傷を悪化させないよう、患部を安静にします。
患部を包帯で固定したり、三角巾で吊るすこともあります。

 

・Icing(冷却)

患部を冷却することで毛細血管を収縮させ、腫脹を抑えていきます。
袋に入った氷水や保冷剤を使用して冷却します(冷やしすぎにはご注意ください)

 

・Compression(圧迫)

腫脹を抑えるために、患部を包帯やバンテージで圧迫します。
きつく締め付けすぎることで、循環障害を起こさないようにご注意ください。

 

・Elevation(挙上)

内出血が末端部分にたまらないように、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

RICE処置はあくまでも応急の対処法になります。
早急に整骨院・接骨院、専門の医療機関に行き、「整復(関節を正しい位置に戻す)」「固定」といった適切な処置を受けるようにしましょう。

 

【日常生活で行える脱臼の対策】

 

・テーピング

脱臼は関節が大きく動かされることで、再発しやすくなります。
スポーツや仕事で関節に負担がかかる場合は、テーピングで関節の動きに制限をつけておくと安心です。

 

・関節の動きに注意する

肩関節は、外転(腕を外側に挙げる)、伸展(腕を後ろに伸ばす)、外旋(外側に捻る)によって外れやすくなっています。
日常生活でこのような動きをしないように注意しましょう。

 

パルモ大井町整骨院の【脱臼】アプローチ方法

脱臼とは関節を構成している部分が離れてしまっている状態のことをいいます。
脱臼でよく発生する箇所は肩の関節です。
脱臼もまた転倒や事故などで身体に大きな衝撃が加わった時に発生しますが、スポーツ中にもよく発生します。
例えば野球テニスゴルフで思い切りスイングをした際に起こります。
日常生活では着替えの時に袖口に手を通す際に変に捻ってしまい発生しまう事もあります。

幼児の脱臼では肘が好発部位で、「肘内障」といわれています。
肘内障とは靭帯の脱臼で骨の脱臼ではないのですが、俗にいう肘が抜けた、外れてしまった状態です。
肩や肘の脱臼が疑われる場合には早急に整骨院又は専門の医療機関に行きましょう。

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷など「いつからどんな症状が発生したのか」受傷起因が明確にわかるケガに対して各種健康保険などを使用して施術を行うことができます。
慢性的な肩こりや腰痛、筋肉疲労などは保険適用外となります。
保険が利用できるかご不安な場合は、まずは一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状や肩こりや腰痛などの慢性症状まで幅広い症状に効果が期待できます。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復を促進します。
またハイボルト療法は、痛みの原因を調べる「検査」としても使用することがあります。

 

■特殊固定具

「プライトン」は、固い被覆保護材 (ギブス包帯)を構成する用具で全関節に対応するできます。「アルフェンス(アルミ副子)」はアルミニウム板にポリウレタンフォームを接着させたもので、特に指や手首の痛みに使用することが多いです。「厚紙副子」は黄ボール紙と呼ばれるもので、水を含んだ時に柔らかくなり、乾燥すると形成した形で固くなります。手首や膝、足首の痛みに使用することが多いです。いずれの特殊固定も骨折や疾患のある関節または疼痛のある「脱臼・ 重度捻挫」に対して固定します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

著者 Writer

著者画像
院長:本橋 直登
【生年月日】1986年8月15日生まれ
【血液型】A型
【星座】獅子座
【出身】東京都
【資格】 柔道整復師・FastingMeister
【運動】水泳・卓球・野球
【趣味】読書・映画観賞・海外ドラマ・筋トレ・珈琲
【業界歴】12年
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ大井町整骨院
住所〒140-0014 東京都品川区大井4-2-3
最寄:JR大井町駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中