スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 捻挫・肉離れを
    起こして
    しまった

  • ぶつかって
    打撲をした

  • 肩やひじを
    脱臼して
    しまった

  • 足や腕を骨折
    してしまった

スポーツによるケガは2つに分けることができます

スポーツをしているとき、想定外のことが起こって
何かケガをしてしまったという経験はありませんか?

 

スポーツはケガがつきものと呼ばれているほど
ケガが発生しやすい環境になります。

 

そんなスポーツによるケガは、
「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2つ
に分けることができます。

具体的には、どのようなケガなのでしょうか。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」

近年、健康ブームからさまざまなスポーツを楽しんでいる方が多くなっています。

しかし、ふとしたことからケガをしてしまうことがあるかもしれません。

スポーツによるケガは、「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2つに分けることができます。

それぞれがどのようなケガなのかご紹介します。

 

 

【スポーツ外傷】

スポーツ外傷は、打撲捻挫骨折靭帯損傷など一度の外力により生じるケガです。
ケガを負う状況が異なる以外は一般的なケガと大きな変わりはありません。

 

【スポーツ障害】

スポーツ障害は、繰り返しの負荷により発生するケガです。

スポーツにより負荷が生じる部位が異なり「野球肩」「テニス肘」などのように通称に競技名がついているものもあります。

 

●野球肩

投球練習などで腕を振る動きを繰り返し行うことで、肩周辺に痛みが発生する障害です。
自分の範囲を超えたハードなトレーニングや、適切なウォーミングアップを行わなかったことによる肩の柔軟性の低下などが原因に挙げられます。

 

●テニス肘

テニスのバックハンドの動作を行うことで肘の外側に痛みが生じる障害です。
サーブなどをトレーニングを繰り返すことで肘の内側に痛みが生じることもあります。

 

スポーツ障害には多くの種類があり多くの場合次のような原因により発生しています。

 

●オーバーユース(overuse)

同じ動作のトレーニングを行うことによる一部分への過度な負担

 

●ミスユース(misuse)
間違ったトレーニング方法や、自分に合っていないトレーニング器具を使うことによる身体への負荷

 

●ディスユース(disuse)

運動を行っていない期間からの、激しいトレーニングによる身体の負荷

 

過度なトレーニングを行ったあとに疲労が回復していない状態で、トレーニングを開始することもスポーツ障害に繋がります。

ケガは受傷直後の応急処置が大切です

スポーツはケガの発生が多い状況となりますので、正しい対処法を知っておくとよいでしょう。

ケガは、受傷直後の適切な対処により回復に大きな違いが生じます。
ケガを予防するために意識していただきたいことと合わせてご紹介します。

【ケガをしてしまったときの対処法】

 

●RICE処置

ケガをしてしまったときは、RICE処置という応急処置を行うようにしましょう。


RICE処置は、
REST(安静にする:損傷部位の固定も含む)、ICING(冷却をする)、COMPRESSION(圧迫を行う)、ELEVATION(拳上:腫れの防止や軽減を図る目的で心臓よりも患部を上げる)を意味します。

受傷後適切に応急処置を行うことで、腫れや炎症を最小限に抑えることに繋がります。

 

【スポーツによるケガを予防するためには】

 

●自分の身体に合ったトレーニングを行う

トレーニングを行う前に、自分の体力や運動能力をしっかり把握しておくようにしましょう。
そして少しずつ負荷を増やすようにしましょう。

上達を目指すために過度なトレーニングを行ってしまうとケガに繋がります。

●ウォーミングアップとクールダウンを行う

トレーニングを開始する前には、必ずウォーミングアップを行い筋肉を温め身体を慣らすようにしましょう。

トレーニング後には、クールダウンを行い筋肉や靭帯などに疲れを残さないようにすることも大切です。

 

●テーピングで予防しましょう

事前に負荷が生じやすい部位にテーピングを施すことも有効です。

テーピングは、患部の安静と圧迫の役割だけではなく、保護やパフォーマンス向上など幅広い用途があります。

パルモ大井町整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

スポーツによるケガは、受傷直後の処置が大切になります。

当院では、炎症がみられる場合にはアイシングやテーピングで固定を行い、炎症を最小限に抑えていきます。

また、再発を防ぐために患部周辺の筋肉をほぐしたり、「骨格矯正」などで全身のバランスを整えていきます。

その他にも正しい身体の使い方のアドバイスや運動療法なども行っています。

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷など「いつからどんな症状が発生したのか」受傷起因が明確にわかるケガに対して各種健康保険などを使用して施術を行うことができます。
慢性的な肩こりや腰痛、筋肉疲労などは保険適用外となります。
保険が利用できるかご不安な場合は、まずは一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状や肩こりや腰痛などの慢性症状まで幅広い症状に効果が期待できます。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復を促進します。
またハイボルト療法は、痛みの原因を調べる「検査」としても使用することがあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や針の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

患部にテーピングテープを貼り、皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れを促進します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるので症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。
当院では、特に身体の土台となっている骨盤へのアプローチを行う「コレクト矯正」をおすすめしています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭蓋骨や目の周辺の筋肉を緩め、ツボに刺激を与えることにより血流を促進し不調の緩和を目指す施術です。
自律神経のバランスの乱れからくる不眠や食欲不振、頭痛、眼精疲労に悩みの方におすすめしています。

 

【DPL】

クリームを使用し、ふくらはぎやひざ裏の筋肉や筋膜を緩めてたり足首のズレを整える施術です。
リンパや血液の流れを促進し老廃物が流れやすい状態にすることで、「頭痛」「むくみ」「冷え」の改善、「こむらがえり」の予防などに効果が期待できます。
長時間デスクワークをされている方や外回りの営業マンなどにおすすめしています。

著者 Writer

著者画像
院長:本橋 直登
【生年月日】1986年8月15日生まれ
【血液型】A型
【星座】獅子座
【出身】東京都
【資格】 柔道整復師・FastingMeister
【運動】水泳・卓球・野球
【趣味】読書・映画観賞・海外ドラマ・筋トレ・珈琲
【業界歴】12年
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ大井町整骨院
住所〒140-0014 東京都品川区大井4-2-3
最寄:JR大井町駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中