ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 動けないほど
    腰が痛い

  • 毎年のように
    ぎっくり腰に
    悩まされている

  • ひどい腰の痛み
    で立ち上がる
    ことが困難

  • 腰の痛みが
    怖くてまともに
    仕事ができない

突然起こる「ぎっくり腰」の対処法

ぎっくり腰は、前触れもなく急激な痛みが腰に走ることから、

別名「魔女の一撃」と呼ばれることがあります。

一度ぎっくり腰になってしまうと「くせがつく」と言われ、

何度も繰り返してしまう方が多いです。

 

しかし、ぎっくり腰も正しい知識と対処方法を身につけることで予防できることがあります。

今回はぎっくり腰についてご紹介します。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

何が「ぎっくり腰」の原因になるのでしょうか

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰部捻挫」と言い、急激な外力が腰部の負担になり、腰椎や腰椎を支える筋肉や靭帯を痛めてしまう状態のことを言います。

その症状には個人差があり、日常生活を過ごせる程度の痛みから、立ち上がることすら困難で日常生活に大きな影響を及ぼすものまであります。

では、ぎっくり腰はどのようなことが原因で発症してしまうのでしょうか。

 

 

【ぎっくり腰の原因】

 

●重量による腰への負担

重たい物を持つときや子どもを抱っこするときなど、一定の重さの物を持ち上げようとすることで腰部へ大きな負担が掛かることが原因でぎっくり腰を発症することがあります。

 

●間接的な外力による腰への負担

くしゃみなどの瞬発的で間接的な力は腰部への負担が大きいため、ぎっくり腰を発症することがあります。

 

●長時間の同じ姿勢

パソコンやスマホなどを操作していると長時間同じ姿勢になってしまうことがあります。長時間同じ姿勢でいると関節や筋肉が固くなり、ぎっくり腰に繋がります。

 

●インナーマッスルの低下

インナーマッスルとは身体の深部にあり、骨を支える役割を果たしています。
インナーマッスルを始めとし、筋肉は年を重ねるとともに少しずつ減ってしまいます。

適度なトレーニングでインナーマッスルを維持しなければ次第に骨を支える機能が低下していき身体のバランスが崩れ、ぎっくり腰を引き起こす原因となります。

ぎっくり腰の予防法について

ぎっくり腰は突然起こるというイメージがありますが、しっかりとした知識と対処方法を知って予防を目指しましょう。

ここではぎっくり腰を予防する方法をいくつかご紹介します。

 

【ぎっくり腰の予防法】

 

●身体に負担を掛けない姿勢

長時間の同じ姿勢は身体に負担をかけてしまいます。
目安として、1時間以上同じ姿勢を取らないようにしましょう。
椅子に座っている方は1時間以内に1度は椅子から立ち上がり、軽く歩いたりストレッチをするようにしてください。

また、足組みや頬杖などの不良姿勢も身体に大きな負担を掛けてしまうため、徹底して控えるようにしましょう。

 

●インナーマッスルを鍛える

ぎっくり腰を予防するためには、インナーマッスルを鍛えることが重要です。

ただし、一見簡単そうに思えますが、フォームや意識するポイントなどを間違えると逆効果になってしまいます。
医療機関や接骨院・整骨院のアドバイスを参考にしましょう。

簡単なものでは、立っている時、寝ている時にお腹(特に下っ腹)を意識的に凹ませるようにして下さい。
これだけでお腹まわりのインナーマッスルのトレーニングになります。

 

●適度に身体を動かす

日頃運動不足の方、デスクワークの多い方はまず身体を動かすように心がけましょう。
身体は動かさなければ動かなくなります。

歩く、走る、踊るなどなど身近な動きで良いので、まずは使っていない身体を使ってあげることでぎっくり腰の予防に繋がります。

パルモ大井町整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰といっても軟部組織が損傷している場合、関節が損傷している場合などさまざまなタイプがあります。

そのため、早期の見極めが大切になり状態に合わせた施術を行うことが重要です。

初期の施術が遅れてしまうと予後が悪くなってしまったり回復に遅れが生じることもあります。

当院では、痛みが強い場合には「ハイボルト療法」を行い、痛みを抑制し、状態が落ち着き始めたら再発を防ぐために周辺の筋肉などにアプローチをしていきます。

 

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状や肩こりや腰痛などの慢性症状まで幅広い症状に効果が期待できます。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復を促進します。
またハイボルト療法は、痛みの原因を調べる「検査」としても使用することがあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や針の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

患部にテーピングテープを貼り、皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れを促進します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるので症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。
当院では、特に身体の土台となっている骨盤へのアプローチを行う「コレクト矯正」をおすすめしています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■カッピング

透明なカップを患部に当て皮膚を吸引しながら真空状態にすることで、血流を促進し老廃物などの排出を促します。
筋肉が緊張し硬くなってしまう「肩こり」や「腰痛」などでお悩みの方におすすめしています。
また、個人差はありますが2週間ほど赤から紫色の痕が残る場合があります。
吸引の強さや時間の調節を行うことも可能ですので、あまり痕を残したくない方はお申し付けください。

著者 Writer

著者画像
院長:本橋 直登
【生年月日】1986年8月15日生まれ
【血液型】A型
【星座】獅子座
【出身】東京都
【資格】 柔道整復師・FastingMeister
【運動】水泳・卓球・野球
【趣味】読書・映画観賞・海外ドラマ・筋トレ・珈琲
【業界歴】12年
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ大井町整骨院
住所〒140-0014 東京都品川区大井4-2-3
最寄:JR大井町駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中