膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 階段の上り下りで膝が痛む

  • 立ち上がると
    膝が痛い

  • 和式トイレに
    座るのがつらい

  • 若い頃のように走りたい

歩くなどの動作に影響を及ぼす膝の痛み

膝の痛みというと、中高年の悩みというイメージが強いかと思いますが、
スポーツに励む学生などでも起こる痛みです。

 

膝に痛みがあると歩く立つといった、日常的にさりげなく行っている動作が
難しくなり、日常生活に支障をきたします。

 

そんな膝の痛みの原因や緩和法をご紹介します。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みは、中高年だけの悩みではありません

膝の痛みは、中高年以降に多くみられる症状ですが、スポーツによる繰り返しの負荷によって若年層でも発生する場合があります。

膝は、太もも(大腿骨)とすね(脛骨)をつなぎ、曲げ伸ばしを可能にする役割を担っており、痛みがあると私たちの日常生活動作に大きく影響を及ぼします。

そんな膝に痛みをもたらす原因についてご紹介していきます。

 

【膝の痛みの原因】

 

 

●変形性膝関節症

中高年以降の方に多いのがこの変形性膝関節症による膝の痛みです。
変形性膝関節症とは、膝関節のクッションの役割をしている軟骨が硬くなりすり減ってしまっている状態です。

原因は、加齢による筋力の低下や、体重の増加などが挙げられます。

進行してしまうと、手術を行い人工関節を入れる処置がとられることもあります。

 

●オーバーユースによる膝の痛み

トレーニングなどで膝に繰り返しの負荷が生じ膝に痛みを感じる場合があります。

スポーツによるオーバーユース(使い過ぎ)による痛みは「スポーツ障害」と呼ばれ、膝に痛みを感じる代表的は次の通りになります。
損傷箇所により痛みを感じる位置が異なります。

・ジャンパー膝:膝のお皿の下あたり

・腸脛靭帯炎:膝の外側

・鵞足炎:膝の内側やや下

・半月板損傷:膝のお皿のすぐ下のくぼみあたり

 

●筋肉の緊張によるもの

腿と膝の筋肉は繋がっています。
そのため腿の筋肉が緊張状態になり硬くなることで腿の筋肉に膝が引っ張られ、膝に痛みが生じることがあります。

また、運動不足により筋肉量が低下していたり、柔軟性を失っていると膝関節の負荷が大きくなり痛みに繋がります。

 

●半月板損傷や膝関節靭帯損傷などのケガによるもの

転倒などにより外から強い衝撃をうけることで痛みを感じることがあります。

膝の半月板の損傷や、膝を支える靭帯を損傷してしまうと、膝の痛みだけではなく可動域の制限も感じます。

 

●関節リウマチなどの病気によるもの

関節リウマチなどによって膝に痛みが出ることもあります。

関節リウマチになると関節部に炎症を起こし、進行すると関節の変形、腫れや激しい痛みなどが現れます。
動かさなくても痛みを感じ、貧血や発熱、疲労感をともないます。

 

膝の痛みを少しでも緩和するためには

膝の痛みはさまざまな原因により発生します。

動きに制限を感じストレスにも繋がる膝の痛みを少しでも緩和するための方法をご紹介します。

 

【症状別の対処法】

 

●変形性膝関節症の対処法

変形性膝関節症の一番の対策は大腿四頭筋の強化です。
無理のない膝の曲げ伸ばしなどを行い太ももの筋力を強化しましょう。

ウォーキングを30~40分程度行い、階段や上り坂などは極力避け平らな道を歩くようにすると良いでしょう。

さらに、歩く際はクッション素材の入ったスポーツシューズを着用されることをおすすめします。

 

●スポーツや使い過ぎによる膝の痛みの対処法

スポーツや使い過ぎによる膝の痛みの対策で大切なことは「アフターケア」です。

過度なトレーニングを行ったあとは、アイシングなどのアフターケアを行い膝のトラブルを回避しましょう。

また、トレーニング前には、ストレッチなどを行い筋肉を温めておくことでケガの予防に繋がります。

 

●筋肉の緊張による膝の痛みの対処法

筋肉の緊張はさまざまな要因で引き起こされますが、長時間の同じ姿勢や日常生活の不良姿勢は特に注意しましょう。

1時間以上同じ姿勢でいると、太腿の筋肉が固まり膝の痛みを誘発してしまう原因になります。

脚組みなどの不良姿勢も、筋力バランスに影響を与えて太腿の筋肉を緊張させてしまう原因に繋がります。

 

●転倒による膝痛の対処法

まずは転倒をしないように普段から身体を動かして健康的な筋肉や関節を作りあげることが大切です。

もし転んでしまった際に、少しでも膝に違和感を感じたらすぐアイシングをしましょう。

 

●関節リウマチの場合の対処法

関節リウマチなどの病気が原因になっている場合は医療機関にかかり、対処法を考えていくことが重要です。

パルモ大井町整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝の痛みは、子どもの成長痛やスポーツ障害、筋力の低下や変形性膝関節症などが原因で発生します。

当院では、まず原因を見極めるために細かな検査を行い、「ハイボルト療法」や「骨格矯正」を行っていきます。

また、ADL(日常生活動作)のアドバイスも行っています。

 

 

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状や肩こりや腰痛などの慢性症状まで幅広い症状に効果が期待できます。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復を促進します。
またハイボルト療法は、痛みの原因を調べる「検査」としても使用することがあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や針の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

患部にテーピングテープを貼り、皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れを促進します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるので症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。
当院では、特に身体の土台となっている骨盤へのアプローチを行う「コレクト矯正」をおすすめしています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■ドレナージュ

【DPL】

クリームを使用し、ふくらはぎやひざ裏の筋肉や筋膜を緩めてたり足首のズレを整える施術です。
リンパや血液の流れを促進し老廃物が流れやすい状態にすることで、「頭痛」「むくみ」「冷え」の改善、「こむらがえり」の予防などに効果が期待できます。
長時間デスクワークをされている方や外回りの営業マンなどにおすすめしています。

 

■カッピング

透明なカップを患部に当て皮膚を吸引しながら真空状態にすることで、血流を促進し老廃物などの排出を促します。
筋肉が緊張し硬くなってしまう「肩こり」や「腰痛」などでお悩みの方におすすめしています。
また、個人差はありますが2週間ほど赤から紫色の痕が残る場合があります。
吸引の強さや時間の調節を行うことも可能ですのであまり痕を残したくない方はお申し付けください。

著者 Writer

著者画像
院長:本橋 直登
【生年月日】1986年8月15日生まれ
【血液型】A型
【星座】獅子座
【出身】東京都
【資格】 柔道整復師・FastingMeister
【運動】水泳・卓球・野球
【趣味】読書・映画観賞・海外ドラマ・筋トレ・珈琲
【業界歴】12年
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ大井町整骨院
住所〒140-0014 東京都品川区大井4-2-3
最寄:JR大井町駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中