肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 太ももや
    ふくらはぎが
    痛くて
    歩けない

  • ぶちっと
    変な音が
    聞こえた

  • 肉離れが
    なかなか完治しない

  • 肉離れを
    起こしてから
    怖くて
    走れない

肉離れは早期に適切な対処をすることがとても大切です

肉離れと聞いてどのようなイメージを持ちますか?

おそらく太ももやふくらはぎに激痛を感じ、歩けなくなる状態を

イメージする方が多いのではないでしょうか。


肉離れになると必ずしも歩けなくなるわけではなく、

程度によっては日常生活を続けることもできます。

しかし、歩けるからといって処置を怠り軽視していると、

さらに症状が悪化することもあります。

 

そこで今回は、肉離れの原因や、肉離れを起こしてしまったときの

対処法についてご説明します。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

運動不足や準備運動不足が肉離れの原因になります

肉離れの原因や症状、対処法について知っている場合と知らない場合では、スポーツなどをしている方にとっては特に大きな差が出てきます。

そもそも肉離れとはどういった状態なのか?ということからご説明していきます。

 

【肉離れについて】

 

肉離れとは「筋肉が部分断裂、または完全断裂している状態」をいいます。

肉離れを起こすと筋肉が断裂する音が聞こえることがあり、激しい痛みで動けなくなったり、腫れやへこみが現れます。

 

 

【肉離れしやすい場所】

 

下肢(ももやふくらはぎ)に起こることが多いですが、上半身にも起こる可能性は十分にあります。

 

 

【肉離れの原因】

 

柔軟性がなくなっている腿やふくらはぎの筋肉を突然動かすことで肉離れを起こすことがあります。

 

●運動不足

例えば、よく運動会で行われる「お父さんの徒競走」などのシーンで起こりやすいです。

日頃から運動をして筋肉の収縮に慣れている方でも起こる可能性はありますが、デスクワークが中心の方は筋肉も固まっているうえに、筋肉の急激な収縮に慣れていないため、肉離れを起こしやすいのです。

また、冬場足がつって肉離れに発展することもあります。

さらにはアキレス腱断裂になることもありますが、肉離れの症状と似ているため注意が必要です。

 

●準備不足

運動前のストレッチやアップなどを怠り、筋肉が温まらないうちに運動をしてしまうことで引き起こされやすくなります。

準備運動不足は、アキレス腱断裂に繋がることもあります。

肉離れは正しい対処を行いましょう

実際に肉離れになってしまったときには、どのような対処法をすればいいのかについて解説します。
肉離れを放置することはもちろん、パニックに陥って初期処置をしないことも良くありません

肉離れは、初期対応を怠ることで症状が悪化してしまう可能性が高いケガです。
最悪の場合、歩くことができなくなる場合もあり、痛みをかばって、身体のゆがみにつながることもあります。

正しい知識と冷静な行動が必要です。
まずは落ち着いて対処しましょう。

 

 

【肉離れを起こしたときの対処法】

肉離れを起こしたときの対処法としては、RICE処置が基本です。

●Rest(安静にする)

肉離れを起こしても歩ける、走れることもあります。
しかし、いかなる場合でもまずは絶対安静です。

動けるからといって動き続けていると将来的に後遺症になることもあるため注意が必要です。

走っている際に「プチッという音や感覚を感じた時」「突然走りにくくなった時」などは素早く安静措置をとりましょう。

 

●Ice(冷却/アイシングをする)

患部を冷やすことも大切です。
痛みのある場所や皮下出血している場所をアイシングしましょう。

 

●Compression(圧迫する)

患部の圧迫をすることで炎症の広がりを防ぐことができます。
収縮性の包帯などがあれば患部に巻く、テーピングするなどの処置をして固定ください。

 

●Elevation(挙上する)

下肢(ももやふくらはぎ)の場合は、台の上に足を置くなどして心臓よりも高い位置にしましょう。

 

 

【肉離れが回復するまでにかかる時間】

 

肉離れの回復には軽度のものでも2週間程度、ひどいものでは1~2ケ月程度かかります。

早期回復のためには、ケガをした直後の処置「RICE処置」と、専門の施術を受けることが大切です。

 

パルモ大井町整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

肉離れは、運動中に起こることが多く次のような原因により発生します。

・筋肉の使い過ぎ

・間違った使い方

・急な筋肉の負荷

これらが組み合わさり発生します。

肉離れへのアプローチとしては、まず状態を細かく検査し炎症がみられる場合は、RICE処置を行い、腫れや炎症などを最小限に留めます。

 

次に、周辺の筋肉をほぐし受傷前の状態に戻るよう運動療法や筋力の強化を行っていきます。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷など「いつからどんな症状が発生したのか」受傷起因が明確にわかるケガに対して各種健康保険などを使用して施術を行うことができます。
慢性的な肩こりや腰痛、筋肉疲労などは保険適用外となります。
保険が利用できるかご不安な場合は、まずは一度ご相談ください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状や肩こりや腰痛などの慢性症状まで幅広い症状に効果が期待できます。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復を促進します。
またハイボルト療法は、痛みの原因を調べる「検査」としても使用することがあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や針の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

患部にテーピングテープを貼り、皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れを促進します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるので症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

著者 Writer

著者画像
院長:本橋 直登
【生年月日】1986年8月15日生まれ
【血液型】A型
【星座】獅子座
【出身】東京都
【資格】 柔道整復師・FastingMeister
【運動】水泳・卓球・野球
【趣味】読書・映画観賞・海外ドラマ・筋トレ・珈琲
【業界歴】12年
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ大井町整骨院
住所〒140-0014 東京都品川区大井4-2-3
最寄:JR大井町駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中