四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 数ヶ月間
    肩の痛みが
    続いている

  • 夜、寝る前に
    肩が痛くなる

  • 洗濯物を
    干す時に
    肩が痛くなる

  • 髪を整えたり
    着替える時に
    肩が痛くなる

四十肩・五十肩とはどんな状態なのでしょうか

中年以降、40~50代に多くみられることから名づけられた「四十肩・五十肩」

四十肩・五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」と言います。

 

文字通り肩の周りに炎症が引き起こされている状態のことで、

一度発症してしまうと長期間肩の痛みに苦しめられることが多く

日常生活のさまざまな動きに悪影響が出てしまいます。

 


しかし、厄介な四十肩・五十肩も原因を知り、

正しい予防方法、対処方法を知ることで早期改善できることがあります。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩にはどのような原因があるのでしょうか

【四十肩・五十肩】

 

四十肩・五十肩とは、原因は特定できませんが肩関節周囲に炎症が起きている状態です。

明らかな原因として、スポーツによるケガやオーバーユース(使い過ぎ)によって肩関節に痛みが出ることがあります。

一方、四十肩・五十肩とは特定の原因がない場合の炎症です。

四十肩・五十肩は肩こりと混同されがちですが、似て非なるものです。

肩こりは肩周りの筋肉の凝りや張りといった症状ですが、四十肩・五十肩は肩関節周囲の症状です。

このように、四十肩・五十肩は明らかな原因が特定できない肩関節の炎症ですが、いくつかの原因が考えれらています。

 

【使い過ぎ、使わな過ぎ】

 

加齢にともない関節はどんどんデリケートになってきます。
使い過ぎは関節に負担をかけてしまいますが、使わな過ぎても同じように関節に負担をかけてしまいます。

使わないでいると長い年月をかけて関節や筋肉が硬くなり、筋肉同士の癒着・摩耗が起こることもあり、
動かしづらくなってきて突如痛みが出ることがあります。

 


【加齢にともなうもの】

 

専門用語では「退行性変性」と言われる「加齢・老い」からくる関節や筋肉の衰えにより起こることもあります。

また、「加齢・老い」による血行不良によっても起こると言われています。

四十肩・五十肩はその名の通り40~50代に多くみられていることから加齢という原因を考えざるを得ません。

四十肩・五十肩の症状と期間別の対処法について

四十肩・五十肩にはいくつかの対処法があるのでご紹介します。

四十肩・五十肩は症状を期間別に分けることができ、期間別の対処法をご紹介します。
あなたの症状と照らし合わせながらご覧ください。

 

【炎症期】

 

●症状

ズキズキとした強い痛みが生じます。
安静にしていても痛みを感じることがあり、夜間などに激しく痛みを感じることもあります。

 

●対処法

痛みが出る肩周囲をアイシングすることで炎症による痛みが緩和することがあります。
肩の重みだけで痛みを感じる場合、三角筋で腕を吊ると痛みの緩和に繋がります。

また、痛みが出ている時に運動をすることは危険なので、医療機関に相談をされることをおすすめします。

 

【拘縮期】

 

●症状

強い痛みが緩和しても、肩が動かしにくかったり肩を動かすと痛みを生じることがあり、日常生活の動作に不自由を感じることがあります。

 

●対処法

この期間は少しずつ肩周りを動かす運動をしていきましょう。
肩まわし・肩甲骨まわし・肩甲骨を寄せるストレッチなどが有効です。

激しく動かすのではなく、ゆっくりと大きくまわすことがポイントです。

 

【回復期】

 

●症状

肩を動かした時に痛んでいた症状も少しずつ緩和してくる時期、日常生活の不自由さも解消していきます。

 

●対処法

積極的な運動やストレッチをすることが重要です。

チューブトレーニングでインナーマッスルを強化したり、肩まわりのストレッチを強化するなどしてみましょう。

パルモ大井町整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩・五十肩は、肩周りの軟部組織の使いすぎや使わなすぎ、過去に肩にケガを負ってしまった方に多く発生しています。

当院では、四十肩・五十肩に対して細かな検査を行い痛みや炎症が強い場合には、「ハイボルト療法」で痛みを抑制していきます。

また拘縮期や回復期には、患部を適度に動かし回復を促します。

その他には手首の関節にアプローチし柔らかくすることでアプローチすることもあります。

 

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状や肩こりや腰痛などの慢性症状まで幅広い症状に効果が期待できます。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復を促進します。
またハイボルト療法は、痛みの原因を調べる「検査」としても使用することがあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や針の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

患部にテーピングテープを貼り、皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れを促進します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるので症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。
当院では、特に身体の土台となっている骨盤へのアプローチを行う「コレクト矯正」をおすすめしています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■カッピング

透明なカップを患部に当て皮膚を吸引しながら真空状態にすることで、血流を促進し老廃物などの排出を促します。
筋肉が緊張し硬くなってしまう「肩こり」や「腰痛」などでお悩みの方におすすめしています。
また、個人差はありますが2週間ほど赤から紫色の痕が残る場合があります。
吸引の強さや時間の調節を行うことも可能ですのであまり痕を残したくない方はお申し付けください。

著者 Writer

著者画像
院長:本橋 直登
【生年月日】1986年8月15日生まれ
【血液型】A型
【星座】獅子座
【出身】東京都
【資格】 柔道整復師・FastingMeister
【運動】水泳・卓球・野球
【趣味】読書・映画観賞・海外ドラマ・筋トレ・珈琲
【業界歴】12年
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ大井町整骨院
住所〒140-0014 東京都品川区大井4-2-3
最寄:JR大井町駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院 公式SNSアカウント パルモ大井町整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ大井町整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中